『GQ JAPAN』2017年8月号(6月24日発売)「最初は家族を繋ぎ止めようと必死だった」。
ブラッド・ピットが離婚騒動後、初めて語った離婚、ドラッグ、禁酒、そして家族のこと。

2017.06.22 - GQ

『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)の最新号(6月24日(土)発売)。表紙にはブラッド・ピットが登場。アンジェリーナ・ジョリーとの離婚、ドラッグ、禁酒、家族について53歳の現在の心境を語ってくれた。特集では、「インディーズ・カタログ2017」と題して、新しい発想と新しい価値観をもたらすさまざまなジャンルの2017年的インディーな人、コト、モノを取り上げる。

CNJ_GQPR2017007.jpg

■【COVER STORY】ブラッド・ピット53歳の現在
「自分がすこくダメな人間だってわかるけど、それも僕の一部だ。否定はできない。最悪の自分を直視して、嫌な部分も全部受け止めなくちゃならない。」と語るブラッド・ピット。昨秋、突然発表された離婚以来、沈黙を守り続けた彼が初めて離婚、ドラッグ、禁酒、家族について自身の言葉で赤裸々に語った。最悪の状況を直視し、全てを受け入れることから気づいたこととは? さまざまなことを越えてきたからこそ、どこかシンプルにも思えるブラッド・ピットの"現在"に米版『GQ Style』が迫った。

■特集1 メジャーは、あるのか!?「インディーズ・カタログ2017」
メジャーとインディーの境界が曖昧になる今、あらためてインディーズの魅力に迫った特別企画。「インディーズ・カタログ2017」には、サカナクションの山口一郎をはじめ、インディーな感覚を持ち合わせたさまざまなジャンルの人、コト、モノが登場する。NEXT 8ブランドでは人気ショップの敏腕バイヤーたちが注目するインディペンデントなニューカマーを紹介。新しい発想と新しい価値観が凝縮された本特集をお見逃しなく!

■特集2 注目すべき新作時計はこの45本!8人の直言
ムーブメントや素材面でのニュー・テクノロジーの採用が進み、たんに時の正確さを追求するものではなくなった高級時計の世界。次元を異にした新種の複合機構も登場するなど、ダイナミックに進化し続ける時計界で、いま注目すべき新作時計は? 毎年春にスイスで開催される世界2大時計見本市を取材した時計ジャーナリスト8人が、テーマごとにおすすめの新作時計を選んだ。

■The Best Players of B.LEAGUE 日本のバスケを盛り上げた男たち
新たに始動した初年度Bリーグを沸かせた選手らを表彰する「Bリーグ アワード ショー2016-17」。授賞式では受賞選手たちが『GQ JAPAN』編集部によるスタイリングで登場し、会場は華々しい雰囲気に包まれた。ますます盛り上がりを見せるBリーグに今後も大注目だ。

■ その他、『GQ JAPAN』2017年8月号は以下の通り
・別冊付録 フェラーリGCT4ルッソTで新ライフスタイル
・うまくて辛いもので夏を乗り切れ! 最新!アッチアチのホットニュース10
・ちょいクラシックな"街フェス"&"山フェス"
などその他多数。

【デジタルリンク先】
■ GQ JAPANウェブサイト
http://gqjapan.jp
■ Twitter
http://twitter.com/GQJAPAN
■ Facebook
http://www.facebook.com/GQJAPAN
■ Instagram
https://www.instagram.com/gqjapan/

PDF File
CNJ_GQPR2017007.pdf