『GQ JAPAN』2017年10月号(8月24日発売)福山雅治が『GQ JAPAN』に登場!!フクヤマの現在と『三度目の殺人』

2017.08.22 - GQ

『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)の最新号(8月24日(木)発売)で表紙を飾るのは、最新の主演作『三度目の殺人』が話題の福山雅治! デビューしてから27年、48歳となった彼がみずからの現在を語ってくれた。2017年秋冬ファッション特集では、「ミー・ファースト」で押せ!をテーマに「私」らしいファッションや生き方をする人から、自分らしい着こなしに取り入れたい最旬トレンド・キーワードまでをご紹介。

CNJ_GQPR2017009.jpg
GQ JAPAN 2017年10月号 Photographed by Kazumi Kurigami©2017 Condé Nast Japan. All rights reserved.

■【COVER STORY】福山雅治 フクヤマの現在と『三度目の殺人』
「人間はひと皮めくると何を考えてるのかわかんないというものなんですよ」。自身の最新主演作『三度目の殺人』についてこう語り、軽妙と深刻のあいだを往復する福山トークが冴えわたる。プロ・インタビュアー吉田豪とのやりとりを楽しみながら、みずからの現在について語ったインタビューは必見!

■特集1 2017年秋冬ファッション特集「ミー・ファースト」で押せ!
ファッションのトレンドは「ミー・ファースト」。いわゆる「トレンド」を追いかけるのではなく、それぞれの「私」らしさにこだわるのが「ミー・ファースト」。いろいろな"ファースト"が叫ばれる時代だから、"私"を大切にする生き方やスタイルが重要なのではないか。そこで2017年の秋冬ファッション特集は、「私」らしいファッションや生き方をする人から、自分らしい着こなしに取り入れたい最旬トレンド・キーワードまでをご紹介。

■GQ GLOBAL 海外の『GQ』から世界のいまを知る
あのジョニー・デップが経済難に陥った!? 世紀の無駄使いか、はたまた詐欺か? マイケル・ジャクソンの一人娘、パリス・ジャクソンが女優デビュー!? プリンスの名盤「Sign O' the Times」はどんな作品だったのか。30周年の節目に考える。『GQ JAPAN』編集部が毎号、日本の読者のためにフレッシュで読みごたえ、見ごたえのある記事を世界のコンデナストの雑誌からいち早く厳選し、特別編集してお届け。

■佐野元春「ビート詩人」の終わらないたたかい
1980年に「アンジェリーナ」でデビューして以来、音楽と言葉の交点で独自のたたかいを展開してきた佐野元春が、禅語にインスピレーションを受けたという新作アルバム『MANIJU』をリリースした。作品とライヴ活動とによって言葉を音楽に、音楽を言葉に載せてロックし(=揺さぶり)つづけてきたヒーローを、編集長の鈴木正文がインタビュー。12歳のときの少年・佐野元春にまでさかのぼって、佐野元春が時代と自身と、そして言葉と音楽をひっくるめた「革新」の歩みについて語った。

■ その他、『GQ JAPAN』2017年10月号は以下の通り
・The Story of Ralph Lauren ミスター・ラルフ・ローレンにインタビュー
・Paris Perfection MAKIDAI第2章 2017-18年秋冬「LANVIN」のコートをパリで着こなす
・FOOD NEWS 10 NEW TRENDS ニュータイプの精肉店から、寿司職人がつくるフィッシュバーガーまで
「ちょっと、うまい、グルメ」の10大ニュース
・The Music 新しくて懐かしいサウンド ミレニアル世代のニューウェーブ「雨のパレード」
などその他多数。

また、8月24日(木)「GQ JAPANウェブサイト http://gqjapan.jp」をリニューアルいたします。ユーザビリティの高いデザイン、ナビゲーションでより快適にご利用いただけるリニューアルとなります。

【デジタルリンク先】
■ GQ JAPANウェブサイト
http://gqjapan.jp
■ Twitter
http://twitter.com/GQJAPAN
■ Facebook
http://www.facebook.com/GQJAPAN
■ Instagram
https://www.instagram.com/gqjapan/

PDF File
CNJ_GQPR2017009.pdf