WIRED CONFERENCE 2017 WRD. IDNTTY. | ワイアード・アイデンティティ
スペシャルゲスト MIYAVI 登壇決定!

2017.10.04 - WIRED

10/10(⽕)@六本⽊アカデミーヒルズ
https://wired.jp/identity2017/

main.jpg
©2017 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

世界をリードするイノヴェイションメディア『WIRED』の⽇本版は、国内外のゲストを招き毎年開催してい る1Day カンファレンス「WIRED CONFERENCE 2017(ワイアード・カンファレンス)」を、10 ⽉10 ⽇(⽕) に六本⽊アカデミーヒルズにて開催いたします。
このたび、スペシャルゲストとして、独⾃の演奏法で世界から注⽬を集めるギタリスト、MIYAVI の登壇が 決定いたしました。「Do You! ほかの誰にもできない⾳楽」|と題したプログラムにて、オーディオブラ ンド、Beats by Dr. Dre のプレジデントのルーク・ウッドと⾃⾝の経験を振り返りながら⾳楽とアイデンテ ィティの深い結びつきについて語ります。
そのほか、本カンファレンスには⽶国のミレニアル世代で最も読まれる⼤注⽬の⼥性メディア「Refinery29」 クリエイティブディレクター、経済学の新たな領域「アイデンティティ経済学」の第⼀⼈者など、テック、 哲学、ジャーナリズム、経済学とさまざまな観点から「アイデンティティ」を再定義することで「ダイヴァ ーシティ」の価値を問い直します。

■開催概要
⽇時:2017 年10 ⽉10 ⽇(⽕)13:00〜19:30(懇親会 19:30〜20:30)
会場:六本⽊アカデミーヒルズ タワーホール(六本⽊ヒルズ森タワー 49F)
東京都港区六本⽊6-10-1 森タワー
参加費:⼀般|12,960 円(税込)/ 学⽣割引|5,400 円(税込)
『WIRED』⽇本版・定期購読者優待|11,880 円(税込)
WIRED SPECIAL OFFER|10,960 円(税込)
定員:300 名
特設サイト:https://wired.jp/identity2017/
主催:コンデナスト・ジャパン
協賛:森ビル、富⼠通、ギャップジャパン、NTT docomo
お問い合わせ:wired-event@condenast.jp
⾔語:⽇英同時通訳が⼊ります
※参加チケットは上記記載の特設サイトよりお申し込みいただけます。
※懇親会には、登壇者の皆様の参加も予定されています(⼀部参加できない登壇者の⽅もいらっしゃいます。ご了承ください)。

■プログラム|登壇者
1. 南アフリカから届いたセルフィー・フリーダムベイビーズは⾃由を踊る|トニー・ガム(アーティスト)
2. SNS からヘイトをなくそう・17 歳CEO の野望|トリーシャ・プラブ(ソーシャルアントレプレナー)
※Skype での出演
3. ヒジャブと証明写真。「わたし」を語るジャーナリズム|⼩原⼀真(写真家/ジャーナリスト)×アマク・ マホモーディアン(写真家)
4.「受け⼊れる」というカルチャー企業とアイデンティティの新しい関係|ケイティ・チュクロ(ギャップ ジャパン)
5.「アイデンティティ経済学」とは何なのか?|ジャン=ポール・カルヴァーリョ(経済学者、カリフォル ニア⼤学)
6. あなたのセックスを⾒つめよう・セクシュアル・ウェルネスという考え⽅|中野有沙(TENGA ヘルスケ ア)
7. Do You! ほかの誰にもできない⾳楽|ルーク・ウッド(Beats by Dr. Dre President)×MIYAVI(ギタ リスト)
8. ゼロから学ぶ、ダイヴァーシティの"ABC"|星加良司(バリアフリー研究、東京⼤学)×平野隆(富⼠通)
9. ミレニアルズは共感を求めるオンラインメディアの新しい常識|ジョン・ブレット(Refinery29)
10.「中動態」と〈わたし〉の哲学|國分功⼀郎(哲学者、⾼崎経済⼤学)×熊⾕晋⼀郎(医師、東京⼤学)

プログラム|詳細
「Do You! ほかの誰にもできない⾳楽」v ルーク・ウッド(Beats by Dr. Dre President) × MIYAVI(ギタリスト)
ハードとソフト両⾯の活動を通じて「カルチャーの針を進める」ことを⽬指してきたBeats by Dr. Dre。彼 らが愛してやまない⾳楽は、⾃⼰との対話を繰り返し、⾃分⾃⾝の声を探していくことで⽣まれる。⾳楽を 通じて浮かび上がる「⾃分」とは何なのか? ⾃⾝も⾳楽家である同社のプレジデント、ルーク・ウッドと、 独⾃の演奏法で世界から注⽬を集めるギタリストのMIYAVI が、⾃⾝の経験を振り返りながら⾳楽とアイデ ンティティの深い結びつきについて語る。


CNJ_WRPR201714.pdf