『VOGUE JAPAN』2018年2月号(12月27日発売)
永遠のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンが表紙とファッションストーリーに登場!
綴込企画は、スーザン・ミラーなど世界の占星術家たちによる年間占い2018。

2017.12.22 - VOGUE

VJ201802.png
VOGUE JAPAN 2018年2月号 Photo: Luigi and Iango © 2017 Condé Nast Japan. All rights reserved.

世界で最も影響力のある女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』2018年2月号(12月27日発売)は、「Fashion Royalty(ファッション ロイヤリティ)」をテーマに、ファッション界において極めて目を見張るべき活躍を続ける人々、世界をさまざまなかたちでリードする人々を称え、改めて彼らに注目しました。
表紙とファッションストーリーには、まさにファッション界のロイヤルファミリー的存在であるスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンが登場。タイムレスな美しさを放つ彼女の魅力をしなやかにセクシーに撮り下ろしました。また、インタビューでは、2児の母となった今も現役として活躍する彼女が、幸せな人生のあり方について語ります。
ファッションは、90年代リバイバルブームの進化系として、今シーズンのランウェイを席巻したブランド・ロゴアイテムに注目。2018年流の最旬ロゴアイテムとその着こなしを紹介します。また、ファッションストーリーには、デジタルインフルエンサーとして絶大な人気を誇るモデルのサラ・スナイダーとデライラ・ベルが、夜の新宿歌舞伎町を舞台にストリートミックススタイルを披露します。スペシャルメイキングムービーは12月27日公開予定。こちらからご確認いただけます。https://www.vogue.co.jp/fashion/news/2017-12/27/fashionroyalty

「"スタイル賢者"のおしゃれ大相関図」では、ローレン・ハットン、シンディ・クロフォード、ケイト・モスなどいくつもの時代を牽引しつつ、今もなお現役で活躍するモデルにフォーカス。初めて飾った『VOGUE』の表紙とともに、レジェンドと呼ばれる理由を解説します。その他にも、90年代をリードしたスーパーモデルから、2代目セレブ、ミレニアルスターまで、時代の顔としてファッション界をリードするアイコンを一挙に紹介します。「"わかる人"が愛する王道アイテム集」では、王室から往年の女優、セレブリティまでその審美眼にかなった、こだわりの逸品を一挙大公開。
今月のインタビューは、生粋の貴族出身で、ロンドンのカーダシアンズと呼ばれるマナーズ三姉妹。英メディアの格好のターゲットになりながらも、しなやかにたくましく生きる彼女たちの生い立ちと素顔に迫ります。また、Netflixオリジナルドラマ「ザ・クラウン」でエリザベス女王の若き日々を演じたクレア・フォイも登場。次世代映画界を担う監督たちからの出演オファーが絶えない新星「クイーン」の魅力をお伝えします。
2月号恒例の占い特集は、世界を舞台に活躍する西洋占星術家3名による2018年の運勢占い。全体運、社会運、恋愛運をそれぞれスーザン・ミラー、オスカー・ケイナー、ジェシカ・アダムスが占います。また、『VOGUE GIRL』で「週刊しいたけ占い」を絶賛連載中で、脅威の的中率を誇る人気占い師しいたけが、12星座別に穏やかで幸せな1年を過ごすための心構えとラッキーグッズを伝授します。

PDF File
CNJ_VJPR2017037.pdf