CONDÉ NAST JAPAN HOME >  『GQ』とGUCCI (グッチ)、ショートフィルムシリーズを共同制作“THE PERFORMERS (ザ・パフォーマーズ)”|プレスリリース

  • All
  • CONDE NAST JAPAN
  • VOGUE
  • VOGUE girl
  • GQ
  • WIRED

2017/02/03

『GQ』とGUCCI (グッチ)、ショートフィルムシリーズを共同制作
“THE PERFORMERS (ザ・パフォーマーズ)”

プライマル・スクリームのフロントマン、ボビー・ギレスピー氏と、
ミシュラン3つ星のイタリアンシェフ、マッシモ・ボットゥーラ氏を主演とする最初の2幕を発表
#GucciStories
ロンドン – 2017年2月2日 – 『GQ』とグッチは、本日、5編にわたる新しいショートフィルムシリーズ“The Performers(ザ・パフォーマーズ)”を発表しました。監督は、『British GQ』編集長のディラン・ジョーンズ。このシリーズが描くのは、5人の大きな影響力を持つ人物による聖地巡礼の旅。その目的地は、彼らの精神やビジョンを形作った意外な場所です。映像は、シリーズを通して映画的でありながら、綿密な探索のようでもあります。主人公と土地との創造性に関する対話を引き出し、主人公のインスピレーションの源を明らかにします。2月2日、サーペンタイン・サックラー・ギャラリー(イギリス・ロンドン)にて、ディラン・ジョーンズとグッチの社長兼CEO マルコ・ビッザーリの主催で開かれた発表イベントにおいて、“The Performers (ザ・パフォーマーズ)”の先行上映が行われました。
最初の2作品の主演は、プライマル・スクリームのフロントマン ボビー・ギレスピー氏と、ミシュラン3つ星のイタリアンシェフ マッシモ・ボットゥーラ氏。両名とも、アレッサンドロ・ミケーレによるグッチのメンズウェアに身を包んでいます。

“The Performers(ザ・パフォーマーズ)”の主人公は、世界中の、多様な創作の分野で活躍する人物。主演に選ばれたのは、音楽家、料理人、建築家、芸術家、役者の5人です。5人はそれぞれ、自分と共鳴すると感じる場所を自由に選び、その結果、シリーズの舞台は世界中に広がりました。デジタルコンテンツは、世界7カ国(イギリス、イタリア、アメリカ、オーストラリア、中国、韓国、日本)の『GQ』とグッチ独自のプラットフォーム上で公開されます。日本では、『GQ JAPAN』ウェブサイト』http://gqjapan.jpにてご覧いただけます。

『British GQ』編集長で本シリーズのエグゼクティブプロデューサーであるディラン・ジョーンズは、次のようにコメントしています。「今回の共同制作により、“The Performers (ザ・パフォーマーズ)”を発表する素晴らしい機会が生まれました。この作品では、私たちにインスピレーションを与える、各分野を象徴する優れたクリエイターたちが登場します。この作品を、数多くの『GQ』読者や、スタイル通の方々にお届けするのを楽しみにしています」。

シリーズの始めとなる第1幕では、ボビー・ギレスピー氏が、彼の個人的な英雄である、フランスの作家・詩人のジャン・ジュネの軌跡を辿ります。ジュネは、最後の作品『Prisoner of Love (恋する虜)』をタンジールで執筆し、モロッコの地に埋葬されることを選びました。いかにジュネ が自身の作品に影響を与えたかについて、ギレスピー氏は説明します。「彼は囚人となりました。彼は盗みを犯したのです。彼は、刑務所の外の人生を書くために言葉を使いました。私たちも、グラスゴーの外の人生を夢見ていました。そこにつながりがあるのです」。 映像のクライマックスは、同氏が海を見つめながらジュネ の人生への詩的な思いを語るシーン。「ジュネは、美徳を裏切り、誰からも、何からも、支配されることを拒み続けたのです。彼は、個人の自由について、非常に強い信念を抱いていました。それは美しいものです。誰も人間の精神を砕くことはできません。生きる、そして、生かす。それだけなのです」。

第2幕では、主人公のマッシモ・ボットゥーラ氏が、イタリア、ジャズ、そして創造性について、多彩な考えを語ります。ミラノやモデナの地を旅しながら、同氏は、自身とジャズとの関係性について語ります。「14歳の頃から、ジャズを集める人生が始まりました。一度ジャズにのめり込んだら、抜け出すことはできません」。2016年に世界一のレストランとして名を馳せたモデナのオステリア・フランチェスカーナ のシェフは、ジェズ界の伝説、セロニアス・モンクへの情熱を抱いています。ボットゥーラ氏は、このように話します。「モンクは、高度な技術を持ちながら、すべてのルールを壊しました。ルールブックを破り捨てたのです」。モンクと同じように、ボットゥーラ氏は、伝統に縛られず、既存のイタリア料理や食材に前衛的なアプローチを取り入れ続けています。

“The Performers (ザ・パフォーマーズ)”の第3幕は、4月に公開される予定です。

注記:
“The Performers (ザ・パフォーマーズ)”は、コンデナスト・グローバル・デベロップメントが独自に考案したコンセプトです。

©2017 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

©2017 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

『GQ』 について
1957年米国で創刊。高級メンズライフスタイルを提案する代表的なマルチメディアブランド。現在、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、日本、台湾、中南米、インド、ブラジル、ロシア、オーストラリア、中国、韓国、ポルトガル、南アフリカ、タイ、トルコの19カ国で発行している。
GUCCI (グッチ) について
1921年フィレンツェで創設されたグッチは、クリエイティビティとイノベーション、イタリア伝統のクラフツマンシップで高い評価を得ている世界有数のラグジュアリーブランドのひとつであり、ケリンググループの中核をなすブランドです。ケリンググループはアパレルとアクセサリーのカテゴリーにおけるグローバルリーダーで、ラグジュアリー及びスポーツ&ライフスタイルブランドを展開しています。グッチについての詳しい情報はwww.gucci.comをご覧ください。

プレスリリース一覧

2017/03/22
『GQ JAPAN』2017年5月号(3月24日発売)
2017/02/22
『GQ JAPAN』2017年4月号(2月24日発売)ONE OK ROCK、『GQ JAPAN』初登場!!
2017/02/03
『GQ』とGUCCI (グッチ)、ショートフィルムシリーズを共同制作“THE PERFORMERS (ザ・パフォーマーズ)”
2017/01/20
『GQ JAPAN』2017年3月号(1月24日発売)21人の旬芸人が登場!!『GQ JAPAN』が贈る、お笑い大特集!
2016/12/21
『GQ JAPAN』2017年2月号(12月23日発売)祝ハリウッド殿堂入り、ライアン・レイノルズ登場!【特別付録】エミリオ・プッチ スターバックスカード
2016/10/21
『GQ JAPAN』2016年12月号(10月24日発売)キム・カーダシアン登場!「ベイビー、教えて。私にあなたを困らせている癖はあるかしら?」
2016/09/21
『GQ JAPAN』2016年11月号(9月24日発売)2016年秋冬ファッション大特集松田龍平登場!「天才とスーツ」
2016/08/22
『GQ JAPAN』2016年10月号(8月24日発売)マット・デイモンからキスマイまで、今旬な男たちが2016年秋冬ファッションを着る!
2016/07/21
『GQ JAPAN』2016年9月号(7月23日発売)世界に感動を与えた勇退から3年、デヴィッド・ベッカム『GQ JAPAN』に登場!
2016/05/24
『GQ JAPAN』2016年7月号(5月24日発売) 新作『PURPOSE』が大ヒット!心を入れ替えた新生ジャスティン・ビーバーが登場!
2016/04/21
『GQ JAPAN』2016年6月号(4月23日発売)どんなに忙しくても、毎日に活力を与えてくれるものは?“ローラ「それはね、恋だよ」”
2016/03/24
来日中のレオナルド・ディカプリオ、本日発売『GQ JAPAN』5月号 に登場!「確かなことはひとつ。がんばり抜いた者だけが最後には報われる」
2016/03/22
『GQ JAPAN』2016年5月号(3月24日発売)女優・大島優子がSEXYを演じきった 「こんな私、見たことある?」
2016/02/23
『GQ JAPAN』2016年4月号(2月24日発売) 五郎丸歩、独占インタビュー!「ラグビー・プレイヤーとして、どこまでやっていけるのかチャレンジしたい」
2016/01/23
『GQ JAPAN』2016年3月号(1月23日発売)LOVE & SEX特集  「真実の性愛のための20のレシピ」